特定非営利活動法人Hug-Communications インターネット接続サービス会員規約

1条(規約の適用)
1.NPO法人Hug-Communicationsが運営する「NPO共同ネットワークセンター」(以下「当センター」といいます。)は、電気通信事業法(昭和59年法律第86号)に基づき、インターネット接続サービス「sun-age」を提供します。
2.当センターは、NPO共同ネットワークセンターインターネット接続サービス会員規約(以下「本規約」といいます。)を定め、これに基づき会員に対してインターネット接続サービス(以下「本サービス」といいます。)を提供します。
3.当センターは、本サービスの提供に際し、付帯事業の一部の業務を当センターが指定する他の法人に委託し、若しくは共同で行うことができるものとします。この場合において、委託した業務の一切は、当センターが行ったものと見なし、本規約を適用します。
4.当センターは、別に定めるサービス毎に、本サービスの利用範囲を制限します。
5.本規約は、本サービスを提供・利用する際の当センターと会員(当センターと会員契約を締結した者)との間の一切の関係に適用されます。
6.当センターが別途定める個別規定及び追加規定は、本規約の一部を構成します。本規約と個別規定及び追加規定が異なる場合は、個別規定及び追加規定が優先します。
7.会員が国内外の他のネットワークを経由して通信を行う場合、会員は、経由する全てのネットワークの規則にも従うものとします。特に、研究ネットワークを営利目的で使用しないものとします。
8.本サービスの提供・利用は、国内外の法令・電気通信事業者が定める規則等により制限されることがあります。また、本サービスの利用は、より上質の情報を提供するため及び健全なセンター運営を行うため、本規約等により制限されることがあります。
2条(規約の変更)
1.当センターは、会員と個別の協議をすることなく本規約を変更することができ、会員は規約の変更をあらかじめ異議なく承諾するものとします。
2.当センターは、変更後の規約を速やかに会員に通知します。
3.規約の変更があった場合、料金その他の提供条件は変更後の規約によります。
3条(会員への通知)
1.当センターから会員への通知は、本規約に別段の定めのある場合を除き、次のいずれかの方法により行います。

(1)インターネットホームページへのアップロード
  この方法による場合、通知がホームページ上に掲示され、会員がホームページにアクセスすれば当該通知を閲覧することが可能となった時点で通知が完了したものとします
(2) 本サービス経由の電子メール
  この方法による場合、電子メールが会員の電子メールアドレスを保有するメールサーバーに到着した時点で通知が完了したものとします。
(3) その他当センターが適当と認める方法
2.会員は、前項の通知を遅滞なく閲覧する義務を負うものとし、当センターは、会員が閲覧義務を怠ったために被った損害について、一切その責任を負いません。
4条 (サービスの種類・内容・料金)
本サービスの範囲及びその内容は、別表に記載のとおりとします。
5条 (契約期間)
1.会員契約は、1か月単位又は1年単位とし、入会申込者が申込時に選択するものとします。
2.会員及び当センターは、契約満了日の30日前までに、会員契約を終了させるとの意思表示を当センター所定の方法で相手方に通知することにより、会員契約を終了させることができます。
3.会員及び当センターが会員契約を終了させるとの意思表示を相手方に通知しなかった場合は、会員契約は、契約期間満了の日の翌日から、1か月単位の契約の場合は1か月、1年単位の契約の場合は1年、それぞれ延長されます。
4.延長された契約期間が満了する際も前2項と同様とします。
5.会員が死亡したときは、その時点で契約は終了し、会員の地位は相続されないものとします。
6条 (会員契約の成立)
1.会員契約は、当センターの定める一定の地域内に住所を有する入会申込者が、当センター所定の方法に従った入会申込をなし、当センターがこれを承諾した時点で成立します。当センターは、登録内容通知書を入会申込者に発送することにより承諾したものとします。
2.当センターは、次の場合には、入会申込を承諾しないことがあります。

(1) 申込内容に虚偽、誤記又は記入漏れがあった場合。
(2) 入会申込者が未成年者で、申込に当たり法定代理人の同意を得ていない場合。
(3) 入会申込者が、当センターの定める一定の地域外に居住する場合
(4) 入会申込者が、既に会員になっている場合
(5) 入会申込者が過去に規約違反等の理由で本サービスの利用を停止されていた場合。
(6) 入会申込者の指定したクレジットカード又は支払口座について利用停止処分がされている場合。
(7) 入会申込者の指定したクレジットカード又は支払口座の名義が入会申込者と異なる場合。
(8) その他当センターが入会申込者を会員とすることを不適当と判断する場合。
7条 (登録内容の確認・変更)
1.会員は、会員契約成立に際し当センターから送付する登録内容通知書の記載内容を確認し、訂正すべき事項があった場合は、速やかに当センター所定の方法により当センターに届け出るものとします。
2.会員は、その氏名、住所、クレジットカード番号ないし支払口座番号等の会員登録事項の変更があった場合は、速やかに当センター所定の方法により当センターに届け出るものとします。
3.会員は、前2項の届出を怠ったことにより当センターからの通知が延着し又は到達しなかった場合でも、通常到達すべき時に到達したものとみなされることをあらかじめ異議なく承諾するものとします。
8条 (利用サービスの変更)
1.会員は、利用サービスの変更を希望する場合は、当センター所定の方法により当センターに変更を申込むものとします。
2.変更申込に対する承諾については、第6条の規定を準用します。
9条 (ID及びパスワードの管理)
1.本サービスを利用するために当センターが発行するID及びパスワードは、会員本人のみが使用できるものであり、会員が第三者に譲渡、貸与、担保提供等をすることはできません。
2.ID及びパスワードの使用上の過誤や第三者による使用によって生じた損害について、当センターは一切の責任を負いません。
3.会員は、ID及びパスワードが盗まれたり、第三者によって不当に使用されたことが判明した場合には、直ちに当センターに連絡するものとします。
10条(権利譲渡の禁止)
会員は、本サービスの提供を受ける権利を譲渡することができません。
11条(会員端末の設置・維持責任)
1.会員は、自己の費用と責任で、会員端末(本サービスの提供を受けるための電子計算機及びLANカード等の機器)をアクセスポイント(当センターが用意する無線機器及び接続ポイント)に接続するものとします。
2.会員は、本サービスの利用に支障を来さないよう、会員端末を正常に稼働するよう維持するものとします。
3.会員は、当センターが用意した無線装置を第三者に貸与、譲渡等方法の如何を問わず、使用させてはならないものとします。
4.会員は、当センターが用意した無線装置を当センターの許可なく移設し、若しくは分解、改造等を行ってはならないものとします。
5.前1項から4項に反した結果発生した不具合について、当センターは一切の責任を負わず、現状復旧等に要する費用の一切は会員の負担とします。
12条 (料金等の支払)
1.会員は、本サービスの料金及び消費税相当額を、次の各号のいずれかの方法により支払うものとします。
(1) 当センターが指定する期日までに当センターの指定する方法により、当センター指定の金融機関に支払う。
(2) 当センターが別途指定する集金代行業者を通じ、当センターの指定する期日に会員が指定する預金口座からの自動引落しにより支払う。
2.消費税相当額の算定の際の税率は、当該算定時に税法上現に有効な税率とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数は四捨五入します。
3.会員端末の設置・維持に関する費用、本サービスを利用するために要した電話料金等は、当該会員の負担とします。
4.会員が、本サービスを通じて、本サービス以外の有料サービスを利用した場合、その有料サービスの提供者に別途そのサービス料金を支払う必要があります。
5.当センターは、会員から支払われた料金及び消費税相当額をいかなる理由によっても返還しません。
13条(割増金)
本サービスの料金を不当に免れた会員は、当センターに対して、その免れた金額のほか、その免れた金額の2倍に相当する金額を支払うものとします。
14条(支払遅延の場合の処理)
1.会員は、本サービスの料金及び本規約上の債務について支払期日までに支払を行わない場合には、支払期日の翌日から支払日の前日までの日数について年14.6%の割合で計算された金額を、遅延利息として当センターが指定する期日までに支払うものとします。ただし、当該債務が、支払期日の翌日から10日以内に支払われた場合はこの限りではありません。
2.当センターは、次の各号の事由が生じた場合、一旦当該会員の本サービスの利用を停止します。当センターは、新たに支払方法を指定することができ、指定日までに支払があった場合は利用停止を解除します。
(1) 1211号の支払方法の場合
当センターが指定する期日までに支払がなかったとき。
(2) 1212号の支払方法の場合
集金代行業者から引落し不可能の通知があったとき。
(3) 1213号の支払方法の場合
クレジットカード会社からカード利用停止の通知があったとき。
15条(禁止事項)
会員は、本サービスを利用するに当たって、以下の各号に該当する行為をしてはなりません。
(1) 本サービスにより利用しうる情報を改ざんする行為
(2) 有害なコンピュータプログラム等を提供ないし使用する行為
(3) 他人のID及びパスワードを使用する行為
(4) 他の会員、第三者若しくは当センターの著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為又はそのおそれのある行為
(5) 他の会員、第三者若しくは当センターの肖像権、プライバシーを侵害する行為又はそのおそれのある行為
(6) 他の会員、第三者若しくは当センターを誹謗中傷する情報又はその名誉を毀損する情報を不特定又は多数人に対して送信又は表示する行為
(7) 猥褻・幼児虐待にあたる文書・図画・映像等を送信又は表示する行為
(8) 公職選挙法に違反する行為又はそのおそれのある行為
(9) 無限連鎖講(ねずみ講)を開設し、又はこれに勧誘する行為
(10) 他の会員の会員端末又は本サービス用の設備の稼働に支障を与える行為
(11) 他人になりすまして情報を送信又は表示する行為
(12) 事実に反する情報又は意味のない情報を送信又は表示する行為
(13) 受信者の同意のない広告、宣伝又は勧誘のメールを送信する行為
(14) 通信サービス又はインターネット接続サービスを行う行為
(15) 本サービスの運営を妨害する行為又はそのおそれのある行為
(16) 法令に違反する行為又はそのおそれのある行為
(17) 各地方自治体の制定する青少年保護育成・健全育成を目的とする条例等に違反する行為又はそのおそれのある行為
(18) 公序良俗に反する行為
(19) 前各号のいずれかに該当する他人のデータ・情報等へリンクを張る行為
(20) その他、当センターが不適切と判断する行為。
16条(著作権)
1.別段の定めのない限り、本サービスの著作権その他知的財産権は当センターに帰属するものとします。
2.会員は、本サービス上にアップロードした情報等についてそれらを削除する権利を当センターに与えたものとします。
3.会員は、本サービス上にアップロードした情報等について生じた全ての法的責任を負うものとします。
4.会員は、本サービスを利用することによって得られる一切の情報を、権利者の事前の承諾を得ることなく、会員個人の私的利用を超えた使用をすることはできず、また、方法のいかんを問わず第三者の利用に供することができないものとします。
17条(情報の消去)
1.当センターは、会員がホームページにアップロードしたデータ及び会員が受信する電子メールなどの会員に帰属する情報について、契約により定められた容量を超えた場合、会員に事前の通知をすることなくこれを削除することができます。
2.当センターは、会員がホームページにアップロードしたデータなど、会員が公開している情報について、第15条各号のいずれかひとつにでも該当すると判断した場合は、当該会員への事前の通知をすることなく、その情報の全部又は一部を削除あるいは表示させない等の措置をとることができます。
3.当センターは、前2項の措置により会員に損害を生じたとしても、一切その責任を負いません。
18条(会員契約の解除)
1.会員は、解除日等の当センター指定の事項を解除日から30日前までに当センター所定の方法で当センターに通知することにより、会員契約を解除することができます。
2.当センターは、会員が次のいずれかひとつにでも該当する場合は、事前の通知をすることなく会員契約を解除することができます。
(1) 142項の指定日が経過しても料金等の支払がないとき。
(2) 会員契約の成立後に第62項各号のいずれかひとつにでも該当することが判明したとき。
(3) 71項、同条2項、第11条、第15条に違反したとき。
(4) 会員において破産申立等の理由により債務の履行が困難になったとき。
3.会員契約が解除された後においても、契約期間中に発生した当該会員の一切の債務は、履行されるまで存続します。
4.会員契約が解除された場合、会員の債務は期限の利益を失うものとします。
19条(解除後の措置)
1.前条の規定により会員契約が解除された場合、当センターは、会員から既に支払われた料金及び消費税相当額を返還しません。
2.当センターは、会員契約を解除した場合は、当該会員に対する全てのサービスの停止手続を行います。また、速やかに当該会員がアップロードしたデータ及び当該会員が受信する電子メール等会員に帰属する情報の削除を行います。
20条(サービスの廃止)
1.当センターは、都合により本サービスの全部又は一部を廃止することがあります。
2.全部のサービスを廃止する場合、廃止日の60日前までに会員に対して通知します。一部のサービスを廃止する場合、廃止日の30日前までに会員に対して通知します。
21条(通信利用の制限)
当センターは、電気通信事業法に基づき、天災、事変その他の非常事態が発生し、又は発生するおそれがある場合の災害の予防若しくは救援、交通、通信若しくは電力の供給の確保又は秩序の維持のために必要な事項を内容とする通信及び公共の利益のため緊急を要する事項を内容とする通信を優先的に取り扱うため、通信の利用を制限する措置をとることがあります。
22条(提供の中止)
1.当センターは、次の場合には、本サービスの提供を中止することがあります。
(1) 本サービス用の設備の保守上又は工事上やむを得ない場合
(2) 本サービス用の設備の障害によりやむを得ない場合
(3) 第一種電気通信事業者が電気通信サービスを中止した場合
2.当センターは、前項の規定により本サービスの提供を中止するときは、あらかじめその旨を会員に通知します。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
23条(情報の管理)
1.会員は、本サービスを利用して受信し、又は送信する情報について、本サービス用の設備の故障による消失を防止するための処置をとるものとします。
2.当センターは、本サービス用の設備の故障により会員の情報が消失したため発生した損害について、一切の責任を負いません。
24条(秘密保持)
1.当センターは、入会申込を行った際に知り得た入会申込者の情報及び本サービスを利用する際に知り得た会員の情報を、法令により開示を求められた場合を除き、第三者に漏洩しません。ただし、当センター及び当センターの関連会社は、会員に対しダイレクトメールを送付するために会員情報を利用することができるものとします。
2.当センターは、入会申込者ないし会員から提出された一切の書類を、理由のいかんを問わず、返却しません。当センターが必要としなくなった時点で速やかに破棄します。
25条(ダイレクトメールの送付)
会員は、当センター及び当センターの関連会社が、会員に対して、郵送及び電子メールによるダイレクトメールを送付することをあらかじめ承諾するものとします。
26条(免責)
1.当センターは、本サービスにより提供される情報及び本サービスの利用によりもたらされる結果について、一切の保証をしません。当センターは、本サービスの中断、遅延などが発生しても、その発生の理由の如何に関わらず、その結果会員に生じた損害について、一切の責任を負いません。
2.本サービスの利用に起因して、会員間又は会員・第三者間で紛争を生じた場合は、当該会員が自己の費用と責任において解決するものとし、当センターは一切の責任を負いません。
27条(管轄裁判所)
1.本サービスに関連して、会員と当センターとの間で紛争が生じた場合は、当該会員と当センターとの間で誠意をもって協議するものとします。
2.協議をしても解決しない場合は、高松地方裁判所又は観音寺簡易裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
28条(準拠法)
本規約に関する準拠法は、日本法とします。

付則
この規約は、平成20年2月1日から実施します。
(接続サービスの種類・内容・料金の追加変更)
この規約の変更前に発生した債務については変更前の規約が適用されます。
別表 第1条第4項に定める、インターネット接続サービスの種類・内容・料金
1.適用
以下に記載する料金額には、消費税相当額を含んでおります。
接続料/月の料金毎の最大通信速度モードは、通信機器の設定による理論性能で、速度を保障するものではありません。
同一モードであっても、通信距離・環境により通信速度は異なります。
2.インターネット接続サービスの内容及び料金は次のとおりとします。
5GHz無線アクセスサービス「sun-age

基本サービス料金

追加サービス料金

内   容

料   金

内  容

料  金

入会金
(新規登録費用)

,000円

ホームページ容量
追加/月

20Mb

300

工事費(基本工事)
   19,800円

追加メール/月

1ID 毎

300

接続料/月
スタンダード 
プレミアム 
ビジネス


,500円
,800円
5,500円

その他料金

別途定めます。

備考
※基本サービス料には、スタンダードは1メールIDの、プレミアム、ビジネスには3メールIDの利用料金が含まれます。
※ビジネスのメール容量は制限を設けません。(追加メールも同様)
※接続料は、通信機器の使用料とプロバイダー料の合計額です。
※基本サービスには、ホームページ容量20Mbが含まれます。
※メールは、着信の日から30日を経過ものから順次、未読既読にかかわらず削除されます。



ホームページ利用規約

1条(利用者の条件)
1.ホームページの利用は、NPO共同ネットワークセンターインターネット接続サービス会員に限ります。
2.利用者は本利用規約及び運用条件を承認された方のみとします。
3.申込み時の記載内容に誤りがあった場合登録をしない場合があります。
2条(費用・サービス内容)
1.基本容量の料金は会員契約に含まれており、容量を追加する場合は追加料金が発生します。1会員契約につき1ホームページ領域とします。
2.利用者の使用できるディスク容量は会員規約に定める容量とします。
3.当センターは、利用者に直接テクニカルサポートはいたしませんので、必要に応じて市販の書籍、WWWページ等を参考にしてください。
3条(利用者の禁止行為)
ホームページの掲載に際しては、以下の各行為を禁止します。
(1) 契約者以外の使用
(2) 第三者もしくは、当センターに不利益を与える行為
(3) 公序良俗に反する行為及び未成年者に悪影響を及ぼす行為及び記事の紹介
(4) 地方自治体の制定する青少年保護育成・健全育成を目的とする規則に反する行為又はそのおそれのある行為
(5) 法令・条例に違反する行為および違反のおそれのある行為
(6) 虚偽の内容の記載
(7) 他サイトへのCGI、画像等を提供する目的での使用
(8) 他の利用者の妨げとなる過負荷のプログラム及びCGI等の実行
(9) その他当センターが不適切と判断する行為。
* プログラムミスによる暴走等も含まれますのでご注意下さい。
4条(情報発信の管理)
会員がCGI等を利用した掲示板・チャット等、第三者による書き込みが可能な機能を設置している場合、会員は第三者による書き込みに対してもその管理義務を負うものとし、会員が表示している情報と同等の適用を受けるものとします。
5条(利用資格の喪失)
以下の項目に該当する場合ホームページの利用を停止させて頂きます。
(1) 第3条の禁止行為に該当すると当センターが判断した場合
(2) 料金の支払いを遅延した場合
(3) 会員規約に違反した場合
(4) 当センターの改善指導に対し速やかに対処を行わない場合
(5) 会員を退会した場合
6条(サービスの停止)
停電や天災などの災害・事故、定期メンテナンス等の理由によりサービスを停止することがあります。メンテナンス等はメール・ホームページで連絡いたしますが、 緊急時は予告なく停止する場合があります。
7条(免責事項)
1.当センターは完全な運用に努めますが、サービスの中断、運用停止などによって利用者に損害が生じた場合、当センターは免責されるものとします。またWWWページの表示能力の低下など性能は保証しません。
2.当サービスは利用者のデータへの保証は致しません。データの消去等の理由により利用者に損害が生じた場合、当センターは免責されるものとします。
3.利用者が他の利用者または、第三者に損害を与えた場合、利用者の責任と費用において解決するものとします。
8条(本規約の範囲および変更)
本規約は、利用者の承認を得ることなく変更することが出来ます。また、変更内容の規約適用で利用を制限させて頂く場合があります。
以上